GOLF面白雑学・座学のページ

青木プロの 一言集

画像は青木 功プロのHPより

ゴルフは所詮べた足の手打ちだ!

 

 

 

あなたは、この言葉を聞かれたこと、ありますよね?

 

どのプロゴルファーが言ったと思いますか?

 

 

 

 ゴルフの知識にどっぷりとつかっている方は間違っていると

  思っていませんか・・・・・?

 

この名言は世界ゴルフ殿堂されている、あの青木功プロの名言ですよね。

 

「手打ちだ」

 

の言葉に違和感ありませんか?

 

ありますよね!

 

青木功プロのスイングを見ればバックスイングで手から上げているように

 

 見えますよね。

 

見えませんか?

 

 

 でも青木功プロのゴルフは手打ちだの言葉に疑問持ちませんか?

 

 

ゴルフのレッスンには

 

「手打ちはアカン」

 

手でボールを打ったらアカン 

 

下半身、始導で 

 

腰をきって 

 

手は、後からついて来るように

 

 スイングするといいますよね!

 

 

この通りスイングしたらボールは右にとんで行きますよね!

 

間違いなく・・・・・・?

 

 練習場でやってみてくださいませ・・・・・

 

実感します。

 

左利きの方は左へ行きますよね。

 

 

このスイング理論て間違っていませんか?

 

間違いですよね

 

何でと思います・・・・・・?

 

 

 

ヘッドが開いてインパクトを迎えるからでよね!

 

真っ直ぐに飛ばすためにどうすれば良いと思いますか・・・・?

 

手をうまく返えさないと真っ直ぐボールはとんで行きませんよね。

 

手を上手く返すのが基本のゴルフです。

 

手とは手首から指先までのことですよね。

 

腕とは手首から肩までのことですよね。

 

べた足ということは体を動かすなということですよね。

 

手打ちとは腕を振らないと言うことですよね!

 

スポンサーリンク


ゴルフは所詮べた足の手打ちだ!

 

 

青木功プロはゴルフスィングの本質を一言で表現されていますよね。

 

ゴルフ理論では腕を振ってボールを飛ばすのは常識と言われていますよね。

 

基本の打ち方をしているのは5%のエリートだけであるとも

 

言われています・・・・・・・?

 

95%のアマチュアーは腕を振ってボールを飛ばしている。

 

どちらも飛距離はそんなに変わリませんよね!

 

プロは手を返して打つから方向性が良い!

 

ここは非常に重要です!

 

ゴルフは確率のゲームであると言われています。

 

距離は出ても方向性が悪かったら良いスコアは出ませんよね

 

腕を振れば肩が回ってしまう。

 

肩が回れば手が返らない

 

体が動けば手の返る余地はなくなってしまう

 

ゴルフは距離と方向性が求められる

 

いくら飛んでもOB杭を越えたりラフやトラブルショットになると

 

スコアは纏まらない

 

 

アマは非常に難しいゴルフをしている

 

 

プロは易しいゴルフをしている・・・・のです。

 

 「手を返す」か「体を返す」かの違いですよね。

 

基本のゴルフは本当は易しいくて・難しくくないのです。

 

「手打ち」

 

の打ち方だけど、アマチュアは

 

「ボディターン」

 

の打ち方です、近くにおられるゴルフ上手な方はすべて手打ちです。

 

「スイングは右・右のベタ足の手打ちでインパクト後そして手を返して左へ身体」

ターンさせるのが正しいスイングですよね!

 

95%のアマチュアが「ボディターン」の言葉に騙されていませんか?

 

ボールを打つのは誰だと思いますか・・・・・?

 

クラブの

 

「ヘッド」・「ヘッド」

 

ですよ。ね!

 

「ヘッド」

 

を早く振ろうとすれば腕を早く振っても

 

「ヘッド」

 

は早く振れませんよね!

 

素振りをすれば直ぐに、わかりますよね。

 

騙されたと思ってやってみてください ませ。

スポンサーリンク