バンカーには入り口と出口がありますよ!

バンカーには出入り口が

ありますよ!

 

 

 

最近はキャディさんを抱えられる

 

ゴルフ場も少なくなり、

 

そのために、キャディさんの質も悪くなり、

 

又、キャディさん付きのプレーも少なくなり

 

同伴者も細かいことを言いませんよね。

 

私もその傾向がありますが、プレーの遅いのとグリーンで作った

 

自分のディボットとバンカーのショットの後始末については、

 

気が付いた時は言います。

 

全く、初対面の方とのプレーの時は率先して自らが直します。

 

 

結局、気配り、思いやりが分からずに育った

 

自己中心の方が増えましたよね。

 

自分の都合で頑張っている方が多いと思いますよ。

スポンサーリンク


その代表が、東京の舛添のおっさんですよね!

 

 

このおっさんがゴルフに来たら、この調子ちやう

 

仕事が出来たら、他はなにをしてもOK。

 

基本ができてない人が東京の政治が出来ると、思うこの思い上がり!

 

自己ちゅうの天才で馬鹿とあほを兼ね備えた、大バカ者ですよね。

 

 

このままやったら死んでも死に切れん!

 

よう言うわ!

 

自分でしたんちゃうの! でたらめを!

 

人のせいのように、スゴイ・すごい。

 

東京の方、お願いしますよ。

 

 

舛添のおっちゃんは子供のころから頭が良かったそうですので

 

勉強が出来たらすべて許されると思って生きてきたんとちやうかな?

 

言い訳が幼い。人生は言い訳を身に付けたら、終わりや。

 

でも、ここは、ゴルフ場の話、だからルールを守ろう!

 

バンカーの打った跡、こうしなければ、グリーン上に付けたキズ。

 

こうする。何ておかしなことですよね。

 

人間、いつも何らかのルール、規制の中で生きているのですよね

 

普段の生活の中で気を配り、思いやりの心をもっていれば、どこに行っても

 

キチンと出来るものですよね。

 

舛添のおっちゃんはここの欠如は掛けているのに気が付かない

 

みじめなおっさんで、金にセコく、せこすぎる馬鹿おやじ。

 

 

話が遠回りしました。

 

バンカーには入口と出口がありますよ。

 

手ごろな所から、ズカズカ入りボールを打った後、グリーンに近い方から出る人

 

多いですよね。そして砂も直さず。

 

これは最低のプレーヤーです。こんな人ようけ来たらどうなります。

 

もし、あなたがこのバンカーに入れたらどうなります。

 

同伴競技者に文句言っても同情はもらえますが、気持ち良いプレーは

 

出来ませんよね。

 

基本はボールに一番近くあごの低い所が入口ですよね。

 

多少、遠回りしても、平らな所から入り、出口は入って来た道を

 

ならしながら戻るわけですよね。

 

だから出口はおのずと決まってきますよね。

 

あごの低い所から入るのは、

 

バンカーの淵をスパイクや体重で崩さないためですよね。

 

ボールに近いからといってあごが高いのに飛び降りる人もいるんですよ。

 

こんなマナーの知らない、わからん舛添おっさんのような人は、

 

早く退場していただきたいものです。

 

スポンサーリンク