パットの精神論

「ゴルフのパットは面白い」

 

 

パットをする時は緊張しますが、面白いですよね。

 

長いロングパットやったら、入れてみたいと思いますよね。

 

入るかもと思いますよね。

 

OKのところまで寄せて、

俺はパットが上手いんやと見栄を張りたくなりますよね。

 

でも、入らへんのが当たり前ですよね。

 

プロでも入りまへんよね。

 

ところが、プロは入る事が多々ありますよね。

 

プロやから、ゴルフで稼いでいるから・・・・

 

でも、そんなに入りませんよね

 

ここで、一流プロとダメプロの差が出るそうですよ。

 

アマチュアでも入ることが、めったにないけど、たまにありますよね。

 

メチャ嬉しくて、ゴルフうまくなったとー勘違い

 

しませんか・・・・?

 

又、カップに寄へんかったら、ガックリしますよね。

 

そして、次のパットが非常に緊張しますよね。

 

緊張しませんか・・・?

 

しますよね。

 

ゴルフってーて、おもろいゲーム。 ポケモンより・・・・?

パットが一番メンタルに左右されると言われています

次の難題は

 

入れ頃外し頃の所に着いたら、パットは入ったら良いのにと思いますよね。

 

ここで、パットの上手い方と下手な方の違いが一番でますよね。

 

弱気のプレーヤーは入らへんと思っていますよね。

 

入ったらええのにと思っていますよね。

 

そして、しっかりパットを打てていませんよね。

 

パツトの上手な方は何が何でも入れるつもりで集中しています。

 

強気=パットの上手い方は集中していますよね。

 

 

短いパットになったら、

パットの下手な方・精神的に弱く・易しい方や

 

はずしたらかっこ悪いと思う方

 

特に、緊張しますよね。

 

ここで見栄パリがでてきますよね。

 

ゴルフでパターはいろいろな精神的な

 

ドラマが待っていると思いませんか・・・?

 

もう一つややこしいのが、

 

入れ頃外し頃に付いた時のパットで失敗した時

 

見栄で、お先にと言ってパットしますよね

 

パット失敗した時の、

 

次のホールのティショットは上手く行きませんよね。

 

なんでと申しますと、前のお先にのパットの失敗を

 

引きずっているのですよ・・・・?

 

という事は、お先にのパットは止める方が、ベストと思います。

 

ここの失敗の見栄を消そうと思う心は、誰しも持っていますが

 

本当に近くて100%ミスしないパット以外は、お先にのパットは

 

してはいけないのです。

 

パットはそれくらいメンタルに左右されるものと思いますよね。

 

集中力と精神力の話はゴルフプレーの中で見つかれば、

 

報告します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク