グリーン周りのミスショット

 

グリーン周りの寄せはフルスイングの仕組みとは大きく違いがあります。

 

年のせいかどうかわかりませんが、ほん近いグリーン周りで

 

最近、ざっくり・ガックリが多くなってきました。

 

結果が早く見たい・出したい、という習性は若い時から持っていましたが

 

年齢位と共にひどくなってきました。

 

これって、人生の終焉が近くなってきたのかと思うことがあります。

 

 

私の理想の寄せは、奥田靖己プロが困った時に使うと言ってる

 

「ランニングアプローチ」

 

を練習していますが、結構ダブります。

 

奥田プロの「ランニングアプローチ」は

 

ゆっくりとバックスイングしクラブのヘッドを開いて

 

ボールをフェースにのせて閉じて「フェースローテイション」で

 

だらだら・ボテートと転がす

 

「ランニングアプローチ」です。

 

それを家の中で練習していますが、ゆっくり手を動かすのは難しいですよ。

 

手を早く動かしたり、途中からはたくなったりすれば必ずトップします。

 

ボールから目がグリーンの方向やカップの方向に行ったら、

 

これも必ずダブるかトップになります。

スポンサーリンク


 

 

奥田プロのこのアプローチは本人は困った時に使うと言っていますが、

 

このゆったり・ダラッート転がす「ランニングアプローチ」は

 

非常に技術の高い技かもしれません。

 

最近は、スコアにあまりこだわらずに、寄せワンに生き甲斐を求めていますが、

 

グリーンから少し離れたところからは、ざっくりは殆どありませんが、

 

逆にトップはあります。

 

そのトップでグリーンオーバーして寄せをするときに、

 

ボールから目がすぐに離れてざっくり・ガックリが出ます。

 

これって、欲と見栄の塊ですよね。

 

これを解消出来たら、スムーズなゴルフが出来るように思います。

 

 

 

しかし、私は、パターで寄せることは絶対にしません。

 

何故かと、申しますと、奥田靖己プロがグリーン周りは必ずアイアンで寄せる。

 

パターで寄せるとアプローチを放棄しているので、進歩がない。

 

と言われた言葉を忠実に守っています。

スポンサーリンク