GOLF面白雑学・座学のページ

管理人の独り言ブログ

バンカーから脱出の

基本テクニック

 

スタンスは「オープン」・「クラブフェース」は目標方向

 

バンカーショットが練習出来る所は少ないですよね。

 

ゴルフ場をエントリーする時、

ゴルフ場のHPを見て

アプローチとバンカーの練習場があるのかを

確認されてからエントリーされるのが、お薦めです。

 

でも ・・・・・・

練習場のマットで出来る練習方法もありますよ。

「 オープンスタンス」と「オープンフェース」は

バンカーのアドレスの基本です。

 

「オープンスタンス」は

オープンにすればするほど

「クラブフェース」は

開いてきますよね!

 

クラブが開くと言うことは、「クラブフェース」が

上に向きますよね!

フェースが上に向いたらボールは遠くには飛ばなくて

高く上がりますよね。

これが

バンカーの基本です!

 

スタンスを思い切りオープンスタンスに構えてみてください。

 

クラブフェースを開かないと目標線方向にクラブフェースが

向かないとわかります。

 

ここの関係が「バンカーショット」では非常に大切です!

 

スタンスをオープンに したらクラブフェースは必ず

目標と直角の90度になるようにセットするのですよ。

 

スタンスをオープンにすればするほど

フェースも開いてくる・・・・

だから、

ボールが高く上がるのが理解できると思います。

 

ここを理解して練習場のマットの上で

練習してみてください。

右隣りに人がいる時は止めて下ださい。

上手く出来まではです・・・・。

私はこの練習ボールを使って練習しています。

「クラブフェース」と「オープンスタンス」

の関係が理解できます。

スポンサーリンク


バンカーショットは

飛球線に沿って上げ

スタンスのラインに沿って振りぬく!

 

バンカーショットで次に大切なことは・・・・・?

クラブをどっちに上げてどっちに抜いていくかが重要です。

飛球線に沿ってテークバックして、インパクトする。

 

要するにバンカーショットは

「オープンスタンス」で「クラブフェース」は

目標に向ける。

そしてバックスイングは飛球線に沿って上げ

インパクト後はスタンスのラインに沿って振りぬく!

 

 

 

スタンスのウエート配分は左6・右4でアドレスする!

 

アドレスで左6分のウエート配分にするのはクラブを打ち込む為

に重要です!  ここは重要部分です。

左体重にすればするほどクラブは鋭角に下りてきます。

そしてクラブが強くメリ込みます。

スイングの大きさも同じにする。

バックスイングが6に対してフィニッシュの高さは4になります。

ウエート配分は左6 右が4が基本!

 

スタンスは”ハの字”!  手打ちスイングです!

 

アゴの高さがあって上げなければならない時は左、体重が基本です。

バンカーでも状況によっては左足、体重になったり

右足、体重になったりします。

 

バンカーで右足体重のショットは特殊なショットで

アマチュアには難しいので、ここは省略します。

 

ここで重要なのは!

バンカーショットは「手打ち」!

です。

 

「手で打つ」・「手が動く」

が重要なポイントです。

 

「手打ち」とは!

下半身がしっかりしているのが前提です。

 

前下りの斜面でショットするときは

下半身の動きを止めて、膝をおり「手打ちスイング」

をしますよね。

 

下を固定するにはヒザをしっかり折り低い態勢で構え

つま先の両方を開いてハの字にする。

 

逆に閉じたらどうなると思いますか?

体重は前へきますよね。

開けば後ろに体重がきます。

つま先の使い方で、ウエートが変わります。

 

ヒザを折り低い体勢で、ツマ先を両足とも

”ハの字”に開いて、どっしりとした下半身を作って

後は手で打つ、手に”仕事”させる!

バンカーの極意です。

 

 

バンカーショットはダフらせる必要はありません!

ボールをクリーンにヒットさせる。

 

サンドウエッジはジーン・サラゼンが考案したクラブですよ。ね!

サンドウエッジはソウルに厚みを付け・丸みをつけています。

この特徴がある以上、クリーンに打っても砂を弾きます。

思い切りクリーンにヒット良いクラブです。

 

だからバンカーショットはボールを直接ヒットするつもりで

打っても、大丈夫ボールに当たる前に砂にクラブの

ソールが当たるので、ちゃんと砂が弾かれるように

なっています。

昔の理論を引きずると今のバンカーではホームランばっかりで

ピンには寄ってくれませんよ!

 

ダブらせる理論は古いですよ。

スポンサーリンク