ゴルフ初心者の方にお薦めの素振り!

 

「スプリットハンドグリップ」

知ったはりますか?

 

 

ドライバーでも何のクラブでも良いのですが

 

左手はグリップエンド

右手はグリップの上部にグリップして

 

 

約15cm~20cmぐらい離してグリップして下さい

その時に手はYの字になります

 

そしてYの字を崩さずに

 

ゆっくり振ってみてください

 

 

右手と左手のスイング中の動きがわかってきます

 

 

必ずゆっくりゆっくりスイングしてみて下さい

 

ゆっくり振らないと肘・手首を痛めます

 

注意して下さい!

 

 

 

 

 

両手は必ず身体の正面にあることも意識してゆっくり

 

 

と素振りされるとだんだん身についてきます

 

 

 

そうすれば

 

「右手は押し左手は引く」

 

わかってきます

 

 

又 左手は身体の近くすれすれに通る事がわかります

 

ボールを飛ばすのは右手 

 

クラブをコントロールするのが左手です

 

この両手の動きを理解したら

 

 

左手と右手を少しずつ縮めていき身につけましょう

 

 

これが早く振っても左肘が身体から離れず近くを通るように

 

 

なればスライスはなくなりますし振り遅れもなくなります

 

 

まずはボールを打つよりこの素振りをして身体に身についてから

 

ボールを打ちましょう

 

 

 

ボールも打ちやすいですよ

 

それと手をこねるとボールに上手くヒットしません

 

これが習得できたらボールはフックします

 

 

 

フックがでたらスイングは会得出来たと思って下さい

 

フックが出るのは身体が止まっているからで

 

今度は下半身を止めず少し動かすとフックは治ります

 

フックが出るよになればシメタものです

スポンサーリンク


「スプリットハンドグリップ」の素振り

 

「スクリットハンドグリップ」の素振りが身につくと、右腕は右の脇腹にすれるように通るのがわかってきます。

 

そして、左腕は左わき腹の前で左腕がたたまれる感触がわかると思いますよね。

 

この一連の動作がクラブが最短で触れて、両腕が体に離れずに巻き付くように

振れることがわかりますよね!

 

もし、この手の動きがおかしいと思った方は、

「スクリットハンドグリップ」でゆっくり・スローに振ってみて下さいませ。

 

ゆっくり振れば必ず理解できますし、理解出来たら「松山英樹プロ」が

バックスンイングのトップで一度クラブを1秒~2秒止まっているように見える

「バックスイングのトップ」から「ダウンスイング」に移る「間」を覚えましょう。

 

自然に出来るのが理想ですが、すぐにできませんが、迷わず挑戦するのを

お薦めします!  必ず出来ます! 

ど素人の私が出来つつあります!

 

「松山英樹プロ」の「間」取り方は、今まで見てきたプロでは

「奥田靖己プロ」ぐらいです!

 

 

又あの、「ジャンボ尾崎将司プロ」が「松山英樹プロ」切り替えしの「間」について

絶賛されています!

 

 

「ジャンボ尾崎将司プロ」が

 

「一番大事なのは間合い」

 

と松山の独特のリズムをに目を見張ったそうです

 

「バックスイングから、ダウンスイングに入る時に(トップで)

間合いがある。

 

パターまですべて同じようなのが素晴らしい。クイックにならない」

 

「やっぱり天性、センスの良さがあるし、(間合いやリズムも)自分のものにしている。上に行くやつはパターが下手じゃダメ。その(強くなる)条件を持っている」と今後の飛躍にも太鼓判を押した。

 

以上、GDOニュースで紹介されていました。

スポンサーリンク