グリップの座学

 

グリップはクラブと人を結びつける接点ですよね!!

 

夫婦関係みたいですよね

 

グリップにはいろいろな握り方がありますが人それぞれの夫婦関係と同じで

これがと言うのはないと思います

 

大切なのは形ではなく指先とクラブがいかに相性良く

やわらく握られているかですよね!!

 

どれだけ夫婦が仲良く過ごしているかと似ていますよね

 

そう思いませんか?

 

人それぞれで千差万別必ずこうでなければいけない

というものもありませんよね

 

 

 

クラブはできるだけ

 

「ゆるゆる」

に握る

 

毎日クラブを握っているプロは余計な動きをなくすために

感覚の鈍い手のひらを使っている方が多いみたいですよね

 

練習量の少ないアマチュアは感覚の敏感な指先で握る方が

良しとされています

 

 

 

 

指先でクラブを握るとグリップを小さく使えますよね!!

 

小さく使えばクラブヘッドの運動量も増えますよね!!

 

親指を縮めた

 

「ショートサム」

お薦めです

 

そして感覚の鋭い指先で握れば思うがままにクラブを

コントロールしやすいですよね

 

大切なのは形ではありません指先とクラブをどれだけ

密着させるかがグリップの命ですよね!!

 

TVを見ながらクラブも持ってグリップを指先になじませる

のは特にお薦めです

 

 

 

指を中心にしたグリップの最後の鍵は

 

左手小指の下の肉厚部分でグリップを包み込むのです

 

そうするとより密着度がアップしアドレスからフィニッシュまで握りの

強さを一定に保ったままスイングできるのです

 

「形」

 

よりも

「感触」

 

大切にしてみましょう!

スポンサーリンク


力み防止につながるグリップとは何ぞや!

 

お答えします。それはネ。

「左手3本指の力を抜いてクラブをゆるく握る」

 

よくゴルフでは「左手の3本の指でしっかり握る」と言われていますよね。

でもネ、これにこだわる必要はないと思いますよ。

強く握って「力む」より、ゆるく握って持った方がズーツと効果がありますよね。

 

アイアンのミスの多くは何と思いますか?

「力み」によるものですよね。

なので、この「力み」を取り除くことが最も重要ですよね。

昔、競技会で知り合いになった方にプレー終了後の表彰式で待っている間に

アイアンが調子が悪かったので、原因はどこにありますかと? お尋ねした所。

グリップの握りが強すぎて「力んだはりましたナー」と指摘されました。

 

そのお方は「左手の3本の指(中指・薬指・小指)の力を抜いて

緩く軽くクラブを握っています」と説明してくれました。

 

そこで反論してみまいた。

「緩く握ったら力が入らへんのちゃいますか」と申しました所

お宅みたいに

「力んでクラブ」を握っていたら

クラブヘッドが走らへんし、結局ミスの連続ですよ。

 

人間の頭って、緩く握っていても打つ瞬間には

力を入れているものですよ。

 

それと、ゴルフとはいかに「クラブヘッドに仕事をさせれるかに」かかっている

と教えてもらいました。

 

私の大好きな「奥田靖己プロ」も「ゆるゆるグリップ」を

推奨されていますよね!

 

 

スポンサーリンク