ドライバーとアイアンのスイングは別ですよ

日本人で唯一のヨーロッパシニアツアー賞金王の海老原清治プロが

 

ドライバースイングとアイアンスイングは全く違うと言われています。

 

私も、アマチュアゴルファーの端くれですが、

 

海老原清治プロのフアンなので言われる通りのスイングを

 

心掛けていますが、ゴルフ場へ行けば結果ばっかりが気になりすぐに忘れ、

 

ドライバーが今日は調子が良いなーと思った時は、

 

アイアンはトップ、ダフリチョロ、チャンク、もうボロボロになります。

 

今回は、頭の片隅に記憶に残そうと思い書きました。

 

皆さんに、参考になれば、と思っています。

 

海老原清治プロは解りやすく、

 

クラブヘッドの使い方を説明をされていますよ。

 

 

スポンサーリンク


クラブヘッドを飛行機にたとえられて説明されています。

 

「アイアンは着陸」、「ドライバーは離陸」、

 

その時にボールをヒットする

 

わかりやすいですよね。

 

アイアンはバックスウイングの時に、

 

左ひざをボールの内側には入れない。

 

そして左のお尻もボールの外側に出してアドレスをする。

 

次に上半身、

 

左の肩がボールを追い越して右に行かないようにバックスイングをする。

 

アイアンショットで重要なのは、左肩を回しすぎないこと。

 

特に、小さいアイアンになるほど左肩を回しすぎないこと。

 

何でと思いますか?

 

左肩を回しすぎると、

 

体も回りすぎてドライバーの様なスイングになり

 

アッパーになるからダメだと進言されています。

 

 

 

 

ドライバースイングは離陸と言われていますので、

 

スイングはアッパーが正解ですよね

 

ドライバーの時は左足を開かず閉じる、右足は開いてアドレスをする。

 

そうするとバックスイングが楽でよく回りますよね。

そして回したとろろでボールをヒットする

 

上げたらその場で回転する。

 

ゴルフではクラブの最下点が非常に重要だそうです

 

アイアンはボールの左でスイングする、

 

ドライバーはボールの右でスイングする。

 

だから

 

アイアンとドライバーのスイングは違うと述べられています。

 

 

スポンサーリンク