海老原清治プロのページ

バンカーショット!

画像は海老原清治プロトは関係ありません

海老原清治プロのバンカーに入れた時の対処法!

      第1弾!

 

バンカーを一発で脱出するテクニックを身に付ける

 

バンカーに入れても、一発で出せるテクニックを身につければ、コースを広く使えますよね。

 

EX・例えば、ティグラウンドに立ったとき、右側がすぐOB・左側もOB、左のOBは少し距離があるが

その代わり左側にバンカーが設置されています。 

こんなコース多いですよね!

 

ちょうど入る距離にバンカーが作ってありますよね、

飛ばし屋の方はバンカー超えは狙えますが、その先すぐにOBの設定になっていますよね。

 

 

「これはえらいこっちゃ怖い、恥を掻きたくない、スコアが気になる」

そんな時、どうしますか・・・・?

 

 

ティグラウンドの右側にティアップするとコースは狭くなりますよね。

右OBを避けようと、右OBに向かってスタンスを取りフックボールが打てますか・・・?

 

この時の安全策は、右側にスタンスを取り、左に設置しているバンカーに入れても

しゃないと思ってスイングすると上手くスライスがかかるとFWセンターもありますよね。

 

この時に、バンカーに入っても一発で脱出、出来る技術を身につけていれば、コースが

広く使えて、コースが広くなりますよね。

 

コースを広く使うにはOBの近いサイドにスタンスが取れれば、視野も広がりOBに

対する恐怖心も薄れますよね。

 

コースを広く使えるということは実践面に役立つ他、自分の得意ワザがラウンドに使えて

スコアメイクと恥を掻きたくない見栄とバンカーの恐怖心がなくなり、自信にもなりますよね。

 

ゴルフでは言い古された言葉で・・・・・・

「パットが上手い人は、アプローチが上手い」・「近くに寄せられなくても俺はパットが

上手いから、そこそこ寄せておけばワンパットでパーが取れる」と

このような言葉をよく耳にしますよね。

 

このような方は、アプローチの思い切りが良いから、たとえチョットしたミスでも寄りますよね。

思い切りが良いから、かえって寄るのですよ。ね!

あなたも、ミスしたトップしたと思ったとき、思い切りの良いときはカップの近くに寄っていますよね。

 

バンカーショットも同じで、バンカーショットが上手くなると、グリーン手前の難しい所に

カップが切ってあっても、ピンに向かって思い切った攻めが出来るものです。

仮に、手前のバンカーに落とした時も、なんとかピンチを乗り切れる、と言う

自信が出来て来るんですよね。

 

結論は、バンカーショットが得意になれば、バンカーを避けてコースを攻める・・・・・・・

なんて事も考えなくてすみ、ピンをデッドに攻めていけるのですよ。ね!

バンカーショットが得意になれば、コースを広く使えることになりますよね。


「バンカーショット」は種類あります。

 

「クロスバンカーショット」・「ガードバンカーショット」

は全く別物です。

 

グリーン周りのガードバンカーではボールの手前(右足寄り)からクラブヘッドを入れて意図的にダフらせ、砂の爆発でボールを脱出します。

 

これは距離を必要としないからできる打ち方です。

 

 

ここでは、「クロスバンカー」のお話です。

 

クロスバンカーでは、グリーンに出来るだけ近づけたいので

距離を出したいので、ダフりは絶対ダメです。

 

理想をいえばボールをクリーンに打ちたいところですが、トップ気味に当たっても距離を稼げるので、

良いと思うことが必要です。 ミスショットと思わないことです。

 

 

「絶対にダフらない打ち方」

 

クロスバンカーでは、ヘッドをボールの真上にセットするのが非常に重要なポイントです。

そして、そのままボールをクリーンに打つつもりでクラブを上げて下ろすだけです。

この時、トップになってもOKです。

 

よほどのすくい打ちをしない限り、トップは出てもダフリは出ません。

 

 

なぜなら、クラブヘッドをボールの真上で構えることで、自然に体の軸が通常よりも

左側へスライドしているからです。

 

つまり、スイングの最下点も左へ移動する分、ダフりにくくなるわけです。

要するに、ボールにクラブヘッドが直接当てる意識でスイングすると言うことです。

先の、クラブヘッドが砂に当たっては、ダメという事です。

 

絶対にしてはいけないのはボールを上げようとして、

 

ダウンスイングで無理ヤリ右肩を下げて打てば、ボールの手前を必ずダフります。

クロスバンカーで最もやってはいけないのは、ボールを上げようとする意識です。

 

 

 

ガードバンカーでミスの原因は

 

バンカにーボールが入ると、バンカーのアゴに当たるという不安があるから、

ボールをクリーンに打ちたいという気持ちが強過ぎるので

失敗する人は必ずボールを上げようとしています。

 

その結果、右足に体重が多く残った状態でクラブを下ろすため、

スイングの最下点がボールよりも右足寄りにきます。

その結果、ボールにヘッドが当たる前に砂面をたたいてしまいますよね。

 

仮にアゴが近い状況で、トップするとボールがアゴに当たってしまいそうだと思えば、

弾道をイメージして番手を下げればいいだけのことですよね。

 

 

5番アイアンの距離なら7番、8番アイアンで対応することも大事ですよね。

 

結論・・・・・・・

 

 

ボールを上げようとしないほうが、逆に高く上がるものです

スポンサーリンク

スポンサーリンク