海老原清治プロの一言集

スイングは右(右手)だ

 

ゴルフが大好きなアマチュアゴルファーのあなた!

 

左手のリードで打つべきか?

それとも右手を利かせて打つべきか?

 

悩やんだはりませんか?・・・・・

 

右手と左手の使い方は同じではありませんよね!

 

 

 

右手と左手の使い方がわかる方法は

 

左手をクラブのグリップエンドに

 右手を20cm以上離してグリップの上にグリップして

 バックスイングするとクラブのヘッドの動き方がわかります。

 

そしてトップで一度止めるようにして 

 

松山英樹プロのように「間」を作りゆっくりと

 

クラブを振り下ろして振ってみてて下さいませ。

 

右手・左手の動きの違いがわかると思いますよね。

 

右手を使わないとスイング出来ないことに気が付きます。

 

それをだんだん早くスイングしていくと身にについてきます。

 

そして左は小さく動き身体の近くをとおり左手はスイング中 

 右手の下にあることに気が付きます。

 

これが海老原清治プロのお言葉と思っています!

 

海老原清治プロは若い時に長い竹ぼうきをクラブに見立てて

 スイングしたそうです!

 

私もこの竹ぼうきを左手を下に握りそこから20cm以上離して

 素振りした時に海老原清治プロの

 

スイングは右(右手)

 

だを知りました。

 

あなたも騙されたと思って竹ぼうきを早く振ってみて下さい!

 

左手、主導動ではこの竹ぼうきは早く振れません。

 

竹ぼうきの先は重たいので右手を強く使わないと早く振れません。

 

おすすめです!

 

右手の重要性が理解できると思います!

スポンサーリンク



海老原清治プロは

「スイングは右(右手)」だと言われています

 

 

「ゴルフのショットでは、右手を使って鞭を打つときのようスイングする」

 と言われていますよね。

 

利き腕の右手を使わないことには強い球は打てない打てませんよね。

 利き腕が左の方は左手を使わないと強い球は打てませんセんよね。

 

利き腕が右手の方で書いていますので左利きの方は真逆でお願いします。

 

しかし「右手で叩け!」の意味を誤解してしまうと

 あなたのゴルフはボロボロになってしまうので注意が必要ですよね

 

「右手で叩け!」

 

は両手の一体感を前提としたものであり

 

「ダウンスウィングで両手がクラブヘッドより前方にある時間が

長ければ長いほど右手に多くの力が注げるのだ」

 

という説明がいりますよね!

 

これを抜いているレッスン書が多いですよね!

 

ただ右手を使ったのでは右にも左にもボールは曲がってしまいますよね。

 

右手の使い方のコツは手首のコックをほどくのを

 ギリギリまで遅らせた時なのである。

 

つまり

 

グリップがほぼアドレスの位置まで戻ってから

 右手のスナップを利かせることにより

 

ヘッドスピードが最大になる!

 

これがクラブを鞭(ムチ)のように使うと言われています。

 

左手は正しい軌道を作る手であり

 右手はパワーを加える手

 

というのがゴルフスウィングにおける真実ですよね。

 

このように器用な右手を意識して練習することにより

 

今までよりも格段に早く上達する。

 

これが右手のゴルフです。

 

ゴルフは

 

ドライバーと

 

100ヤード以内と

 

パットの3点が

 

しっかりできるようになれば実におもしろく楽しめますよね!

スポンサーリンク