松山英樹プロ

画像はGDOより

「松山英樹プロ」の間について!

 

私はゴルフで一番、重要なのは自分で普通にバックスイングした時に

スムーズに上がった所で、一服出来るところがバックスイングの頂点で

ここで、どれだけ一服してゆっくりダウンスイングに行く時の「間」が

取れる人が、松山英樹プロであり青木功プロであり

奥田靖己プロであると思っています。

 

私の好きな言葉で奥田靖己プロが、バックスイングで

いかに静かに「神棚にそーと置くようにトップをする」

言葉が、大好きで今でも、実践中です。

 

奥田靖己プロは

「神棚の棚がバタバタ音を立てたらダメ」

 

静かに棚にバックスイングで収まれば、そこからは

しゃにむに振り下ろすと言われています。

 

要するに、慌てて打ち行ったらダメとおっしゃっていますよね。

 

バックスイングで「間」があれば打ち急ぎはなくなります。

又、スイング出来ませんよね。

 

高須愛子プロもバックスイングは左肩を意識せず

右肩を頭の後ろに引くほうが簡単とおっしゃています。

私も挑戦しましたが、左肩を頭の後ろに廻す意識するより

右の肩を頭の後ろに廻すほうが簡単です。

「松山英樹プロ」の間について!