GOLF面白雑学・座学のページ!

くずはゴルフ場

くずはパブリックゴルフコースは

 

淀川の河川敷に1957(昭和32)年9月1日に開場したパブリックのゴルフ場です。

 

京阪電車「樟葉」駅すぐ!

 

1910年(明治43年)4月15日年に京阪本線開通と同時に「くずは駅」が開業。

 

大型ショッピングモール「KUZUHAモールも近い!

 

1972年4月に京阪本線「樟葉駅前」に松坂屋とダイエー、イズミヤの3店舗を核として、

 

その他150店舗の専門店街と約1200台が収容できる駐車場などを兼ね備えた、

 

日本では珍しい本格的なオープンモールと複数の店舗を持つ

 

複合型ショッピングモールとして開設されました。

 

この地域は京阪沿線で「一番住みたい街」と言われています。

 

京阪電車のほぼ中間に位置し、「くずはニュータウン」として

 

開発されたエリアで、「閑静な住宅街」が広がり沿線で

 

「一番住みやすい街」とも言われています。

 

駅近くの淀川の河川敷には「くずはゴルフ場」が広がり、「サントリーの山崎工場」や

 

雲の通り道「天王山」を望む風光明媚なゴルフ場です。

 

くずはゴルフ場が作られた動機は

 

ゴルフのさらなる普及を目指し、「見せる競技」を提供するため、

 

昭和40年9月に関西のプロゴルファーを招聘した競技大会として開催されました。 

 

最初は 参加者数5名という小さな大会からスタートしましたが、

 

年々スケールが大きくなり、

 

第8回大会からは

 

「くずは国際トーナメント」

 

と名称を改め、海外のプロも参加する大会になりました。

 

往年の青木功、尾崎3兄弟、中島常幸、杉原輝雄、グレッグ・ノーマンらが、

 

ここ「くずは」の地で熾烈な戦いを繰り広げました。

 

平成2年まで計26回開催され、惜しまれながらも幕を閉じました。

 

このトーナメントは2日間競技だったので、3日以上にする様に要望が

 

プロゴルフ協会から寄せられたそうですが、TV局・ゴルフ場等の

 

都合で中止になったと聞いていますが。 定かではありません!

 

レストランには優勝者のネームプレートが飾られています。

スポンサーリンク



くずはパブリックゴルフコース

 

 

車のない方でも電車で行ける!

 

「くずはパブリックゴルフコース」とても便利です。

 

メンバーの集まらない時は、1人予約も用意されていてこれも便利!

 

乗用カートは2人乗りでとっても便利!

 

フェアウェイ乗り入れOKでとっても楽々!(カート要予約)

 

さらに大きな、200ヤード越えの打球練習場も用意されています。

 

河川敷コースでフラットな高麗グリーンと洋芝の2グリーン。

 

淀川の河川敷にあるため、立地条件は抜群です。

 

コースはフラットなので簡単に攻略できそうですが、

 

グリーンを外すと、砲台グリーンが多いのでアプローチはやさしくありませんよ。

 

ロングホールの4つとも、500ヤードを超えているので豪快に飛ばして行きたい。

 

そしてFWの広いミドルホールでは自分の最大飛距離に挑戦してみましょう。

 

OUTの4番はプレッシャーの掛かるホールで、このホールは強敵ですよ。

 

一番得意なクラブで攻めるのがベスト。

 

ドライバーで行くのもOKです。

 

プレッシャーに打ち勝つ喜びも待っています。

 

距離のある15番ショートホールは、

 

アゲインストになると格段に難しくなる。

スポンサーリンク